» 交通のブログ記事

渋滞解消について考える会

| 交通 |

車を運転することは大好きなんだけれど、それでもやっぱり渋滞は嫌いだ。

渋滞の原因を調べてみると、全く混んでいない状態で前の車が少しブレーキを踏むと、
その波及が後に行くほど大きくなり、最終的には渋滞となるらしい。

交通量が多いのに片側1車線の道路を2車線にしたら混雑解消するのではと思うが、
一部を2車線にしても、車線減少のポイントで混むので、意味は無いらしい。

渋滞に巻き込まれると、渋滞について考えて暇をつぶす。
街を作るシュミレーションゲームでは、住民の数と道路の数がバランスが取れていないと
道路が赤くなる。(=渋滞)
そんな時は道路を作ったり、鉄道を敷いたりすると、改善する。

現実はそうもいかないので悩ましいのだが、
一番すぐできそうなのが、信号の制御ではないかと思う。

歩行者が多い道路では左折者が待ちをくらう。すると、後が混む。
直進車が多いと、右折車がたまり、直進車が待ちをくらう。

こういう場合、車と歩行者を分けるとか、
右折だけだけ進行できるタイミングを作るとか、
まだ信号制御の工夫で解消される渋滞はあるように思う。

ほんとのところ渋滞解消に一番効くのは、昔の未来予想図みたいに、車が空を飛ぶことだけど。
http://www.buinesssolutionsaz.com/