以前、借金地獄に陥り…

| 未分類 |

債務の総額が300万になってしまいました。なぜキャッシングを利用し初めたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまったためです。 再就職も難しく、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。
しばらくしてから今の会社で採用してもらえましたが、それまでの債務があまりに大聞く、返済しきれなくなったため、最終的に借金の整理で借金問題を解決しました。

今は、普通に暮らせているため幸せです。

もし、個人でも債務整理ができたら良いですよね。
しかし、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。債務整理に必要な全ての書類を集めたり、手続きに関して時間的な拘束が発生することは確実です。一般人には難易度が高いですから、債務整理のことは弁護士事務所などに依頼を出した方が最適なのかもしれません。
専門家はそれを生業としたプロですから、知識も手際の良さも段違いですし、必要な時間も少なくできるはずです。近年、ネットを利用して債務整理の相談に対応する弁護士事務所も中には少なくないようです。条件に合う事務所が近所にないと落胆しているよりも、何はともあれネットがあるでしょうから自分の状況についてメールで相談に乗って貰うというのがいいでしょう。
任意整理は直接出向かなくても電話と郵送で手続が出来るのですので、積極的に道を切り開いていきましょう。どの債務整理にでも言えることですが、弁護士や司法書士の介入通知が送られた時点で、債務の取たて、FAXや電話などによる債権者からの連絡は全て禁止です。ただ、任意整理の場合は手続き中に債権者が裁判所に訴えることも多いです。裁判所とは本来無縁なはずの任意整理なのに何故?と思うでしょう。 しかし、債務者には借りたお金を返す義務があるように、債権者には返済を求める権利があります。

ですから、返金を求めて提訴するのは当然なのです。

弁護士が任意整理の受任通知を送ると、消費者金融によっては決まって貸金の返済を求める訴訟を起こしてくる会社があります。こうしたところが借入先の場合は、気をつけた方が良いでしょう。

借金など踏み倒したらって友人に言われたけれど、それは無理だと思って債務を整理する事にしました。
債務をきれいにすれば借金の額は減りますし、どうにか返済していけると思いついたからです。

お蔭で日々生活していくのが苦ではなくなりました。

個人再生にはある程度のデメリットが存在します。

一番は高い費用がかかることで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったという事もあります。

また、この手段は手続きが長い期間となるため、減額となるまでにかなりの時間がかかることがたくさんあります。

債務を整理の中でも任意整理を選択すれば、債権者の一部のみを対象にして債務整理が出来るのです。なので、おもちの携帯電話会社をお金の借入の整理の対象から外しておけば、所有する携帯を使い続けられます。 なお、機種変更や新規契約については今まで通り行えますが、ローンは組めませんから、機種料金は一括で払う必要があります。

けれども、過去に携帯電話の料金を払わずにいた場合、こういう理由にはいきません。月々の返済がつらくなって債務整理という手段を選んだものの、支払い総額が却って増えたという例もないわけではありません。性の悪い弁護士事務所や司法書士等に手玉にとられたと思われる事例です。

130万円の債務が任意整理で100万円弱に減額された際、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。たちの悪い業者にひっかからないように、何にどれくらいかかるかということは初めに教えてもらい、金額表示が明朗なところに依頼すべきです。